斜陽

書評

貴族は生きにくい 太宰治 斜陽 感想

僕が太宰治の小説を読むキッカケになったのは、「野崎まど」先生の小説、「ファンタジスタドール・イヴ」に太宰治の「人間失格」オマージュが用いられていると聞いて興味を持ったことでした。 始めは代表作である「人間失格」を読んだのです...
タイトルとURLをコピーしました