小説

書評

ファフナー冲方丁の傑作 十二人の死にたい子供たち 感想

皆さんは冲方丁さんをご存じでしょうか? テレビアニメ、「蒼穹のファフナー」シリーズや「PSYCHO‐PASS2期」などの脚本を手掛けるSF作家であり、小説も書かれています。 今回ご紹介するのはそんな冲方さんの小説作品「十二人の...
書評

女性の悩みはかくも贅沢なものなのか 三千円の使い方 感想

僕は普段あまり女性作家の本は読まないのだが、別に男尊女卑的な考えを持っているわけではない。しかし、この「三千円の使い方」を読んで、女の人の悩みは何とも贅沢であるという感想を持った。 それというのも、この小説の主人公である、御厨家(み...
書評

アリス・イン・ワンダーランド ~時間の旅~ 感想

アリス・イン・ワンダーランドと言えば、同名の映画がありますが、今回は小説です。以前から不思議の国のアリスが大好きなので、そのアリスが大人になってからの物語である本作を、僕は大変楽しみにしていました。 舞台は近代のイギリス、貿易船の船...
タイトルとURLをコピーしました