アムリタ

書評

野崎まど「アムリタ」書評(一部ネタバレあり)

僕がはじめて触れた野崎まど作品は、アニメ「ファンタジスタドール 」の前日譚にあたる、「ファンタジスタドール ・イヴ」だった。 アニメ本編の明るい雰囲気とは裏腹に、太宰治の人間失格をオマージュした、陰鬱で重厚なSF小説だった。そこから...
タイトルとURLをコピーしました