ワクワクするインターネットの未来予想図 メタバースとweb3 感想


昨今のインターネットのトレンドに「web3」や「NFT」、「メタバース」というものがあります、
インターネットの発展の歴史はインターネットが登場した「web1.0」スマートフォンが普及した「web2.0」と段階的なものであり、
今回の非常に大きな波である「web3」はブロックチェーンの技術とVR技術の発達によるものです。

ブロックチェーンとは所謂、分散型台帳であり、仮想通貨を下支えしている技術です。

また、メタバースとはVR空間をリブランディングしたものであり、これまであったVRプラットフォームを焼き直し、新しい技術として台頭させようというのです。

本書では、メタバースやweb3についてメタバースを取り扱う企業の代表取締役である、

國光宏尚氏が比較的わかり易く解説をしてくれています。

メタバースが普及することによって世の中がどうなるかということを、
國光氏は映画「レディプレイヤーワン」のようなバーチャルがリアルを超えて主となる、
「バーチャルファースト」の世界になると予言しています。

また、それぞれがなりたい自分になれるという新しい世界をメタバースは目指しています。

アバターを自由に着せ替えたり、アバターの顔を自由に変えたりできるというとわかり易いでしょう。

また、本書では「自律分散型組織」である「DAO」についても触れられており、
未来の働き方やアーティストやスポーツチームに対する未来のファンの応援の仕方として、DAOが用いられることも予言されています。

というよりは実際にスポーツチームを応援するDAOもあるらしく、
独自のガバナンストークンを用いて、色々な権利が獲得できるという事例があるらしいのです。

僕自身、まだweb3やメタバース、DAOといった技術を完全には理解していないので、文章が散漫なところがありますが、
本書を読んで、多少なりそれらへの理解が深まったと思います。

また、本書の未来予想はとてもワクワクする世界であり、webの世界のこれからに期待が高まりました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】メタバースとWeb3
価格:1490円(税込、送料無料) (2022/7/20時点)


↓↓amazon商品リンク↓↓

メタバースとWeb3 単行本(ソフトカバー) – 2022/3/30

コメント

タイトルとURLをコピーしました