百合な私と悪魔な彼女 感想


主人公の野々山やしろは高校一年生。

男性恐怖症ですが、共学の学校に通っています。

小さい頃からのろまで、男の子にからかわれていましたが、
助けてくれた女の子に恋をし、ファーストキスをしました。

そんなやしろのクラスに、転校生が。
なんとそれは初恋の子にそっくりな女の子「西園寺みこと」さんでした。

西園寺さんはやしろに校内を案内してもらいたいと言い、校内を見て回ることに。

その途中、西園寺さんが男子にからまれます。
やしろは庇おうとするも、逆に西園寺さんに助けられるかたちとなり、
西園寺さんこそが初恋の相手であると確信するのでした。

その後、ベンチでソフトクリームを食べ、キスをする二人。

やはり西園寺さんはやしろの初恋の人だったようで、西園寺さんもやしろのことを覚えていたようです。

しかし、西園寺さんが実は男だということが発覚します。
どうやら西園寺さんはやしろに毎日キスをして貰わないと少しずつ女性化していくという複雑な事情を抱えているようです。

キスをしてくれないと、二人がキスをしている写真をクラスメイトに見せ、やしろが百合娘だということをバラすと脅す西園寺さん。

翌日、西園寺さんに連れられてドМの医者(西園寺さんの主治医)がいる病院にいくやしろ。

医者の話によると、西園寺さんはホルモン分泌の異常で急激に女性化しているとのこと。

どうやら西園寺さんの家系は大人になるまでにキスをしてしまうと、二次性徴を迎える時期に女性化する異常が発症してしまうようです。
幼少期のやしろとのキスで西園寺さんは女性化することになってしまったのです。

果たして男性恐怖症のやしろと男の娘の西園寺さんはどうなってしまうのでしょうか。

絵が綺麗な点と、正当な百合漫画ではないものの百合漫画成分を補給できることが本作の魅力であると思います。

また、女性受けしそうな絵柄であるため、女性にもオススメです。


↓↓amazon商品リンク↓↓

百合な私と悪魔な彼女(?)(1)

コメント

タイトルとURLをコピーしました