俺妹スピンオフ漫画 俺の後輩がこんなに可愛いわけがない 感想


「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」は、2010年に放送された、
オタク趣味を隠す妹とその兄の人気ドタバタラブコメテレビアニメですが、
この「俺の後輩がこんなに可愛いわけがない」はアニメのサブキャラクターである
「黒猫」こと五更瑠璃が主人公のスピンオフ漫画です。

アニメ内で黒猫が中学3年生であったのに対し、
この漫画では高校一年生となり、京介の後輩となっているため、
時系列的にはアニメの後の話と思われます。

京介と同じ高校に入学した黒猫。
彼のことを好いている黒猫ですが、挨拶をするのにもドキドキしてしまい、
入念にシミュレーションしていく始末。

クラスでは入学初日から中二病を全開にしてしまい、完全に浮いてしまいます。

放課後、京介や桐乃と共通の友人である「沙織・バジーナ」と京介の家に遊びに行く黒猫。

京介が黒猫の本名を知らなかったため、五更瑠璃という本名を教えます。

翌日、クラスメイトにカラオケに誘われるも冷たく断ってしまう黒猫。
中々クラスに馴染めないようです。

京介と一緒に帰る途中、知人の編集者の「伊織・F・刹那」に出会います。
黒猫は漫画家になりたかったことを、伊織に見破られ
漫画の持ち込みに行くことになります。

持ち込んだ漫画をボロクソに酷評され、泣いてしまう黒猫。
京介が見かねてフォローします。

しかし、編集者はあえて厳しくしたようで、黒猫は漫画家として見込みがあるとのこと。

帰り道、京介と少しいい感じになる黒猫。

翌日、部活の勧誘をされそうになるも、京介が助けてくれます。

京介の勧めでゲーム研究部を覗いてみるも、ゲーム研究部の作ったゲームをクソゲーだと喝破する黒猫。

といったところで一巻が終わります。

黒猫と京介の絶妙な距離感が心地よく、なかなか素直になれない黒猫の可愛さがよく表れた作品だと思いました。
二人のこれからも気になります。


↓↓amazon商品リンク↓↓

俺の後輩がこんなに可愛いわけがない一巻

コメント

タイトルとURLをコピーしました