【女性向け】なろう発の良作 異世界おもてなしご飯 感想


最近、「異世界居酒屋のぶ」などの、料理で異世界交流する系の漫画やアニメにハマっています。

そんな中、本書を見つけ即購入しました。

主人公は小鳥遊茜(たかなしあかね)24歳。
6年前に両親を亡くし、妹と田舎の一軒家で暮らしています。

しかし、妹のひよりが異世界の聖女であるらしく、家ごと異世界に召喚されてしまいます。

茜は聖女の姉として、丁重にもてなされますが、することが無く暇を持て余します。

そんな中、妹のひよりが茜に泣きついてきます。

話を聞いてみると、茜のつくったご飯やプリンが食べたくて仕方ないとのこと。

そこで茜はおやつにプリンを作ることに。

お付きの不愛想なイケメン騎士も一緒にプリンを作ります。

24歳のお姉ちゃんだけあって大人の余裕が感じられます。

無事プリンは完成し、妹も大喜び。

茜は異世界にきてから自分の役割を感じられずにいましたが、
妹にご飯を作るということにやり甲斐を感じ、生活にも張りが出るのでした。

全体的に柔らかな女性らしいタッチが魅力の本作。
始めは不愛想な騎士(ジェイドさん)がだんだんと茜に慣れてきたり、
王子様が出てきたりと女性ウケする要素も満載。

料理の描写も丁寧で、女性には勿論男性にもオススメできる一冊です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました