野崎まど ファンタジスタドールイヴ 書評


ファンタジスタドールイヴは2013年に放送されたアニメ「ファンタジスタドール」の前日譚として書かれたスピンオフ小説なのですが、アニメ本編が明るい雰囲気なものだったのに対して、
本作は重厚で陰鬱な雰囲気のSF小説に仕上がっています。
また、アニメ本編で語られなかった「ドール」がいかにして産み出されたのかという経緯を知ることが出来、アニメファンにも納得のいく出来となっています。

太宰治の「人間失格」オマージュが随所に散りばめられており、
太宰治の人間失格が三枚の写真に対する記述から始まるのに対して、
ファンタジスタドールイブは、一つ目の力、二つ目の力というように主人公の大兄太子に起こった出来事と、彼が女性の体に執着するようになった経緯を描いています。

用いられている文体も太宰治のものと近く、そのあたりには野崎まどという作家の実力の高さを感じます。野崎まどさんはSFが得意であり、「know」などでも重厚なSF作品を描いています。

話は少々逸れましたが、ファンタジスタドールイヴは主人公の大兄太子と、
サブ主人公でドールの心部分の産みの親である越智要(おちいらず)との友情の物語でもあり、
女性不信であった男2人が女性のコピー、というよりそれをこえる理想の女性を産み出す物語なのでした。

ファンタジスタドールはアニメだけでも楽しめる作品なのですが、このファンタジスタドールイヴも読むことで、より楽しむことが出来るでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】ファンタジスタドール イヴ / 野崎まど
価格:275円(税込、送料無料) (2022/4/17時点)


コメント

タイトルとURLをコピーしました