【映画】ノルウェイの森 感想


僕は村上春樹氏の小説が大好きで、彼の殆どの小説を持っているのですが、
中でもノルウェイの森はお気に入りです。
映画も公開されてすぐに観に行き、DVDも購入しました。

さて、映画の出来ですが、全体的には良い映画ですが、ちょこちょこ気になるところもあるという感じです。
まず絶賛すべきであるのは全体的な映像の美しさであると思います。
直子が療養している山の中の療養所近辺の野山や、直子と散歩する際の道の美しさ、
直子が死んだ際に絶望するワタナベのいる崖の超現実的な感じなどが挙げられるでしょう。

また、キャスティングも秀逸でワタナベを演じる松山ケンイチさんの演技や、
直子を演じる菊地凛子さんの演技、永沢さんを演じる玉山鉄二さんも役柄にとても合っていて良いと思いました。

気になる点ですが、村上春樹氏の小説の言い回しは実写化した際に若干不自然になるため(そこが魅力でもありますが)
ワタナベの独白のような感じでその不自然な言い回しが多様される点が少し引っかかりました。
僕はハルキストであるため、嫌ではなかったのですが、彼の小説のファンでなければ違和感を覚えるかなと思いました。

その他にも、原作から省略されている要素がそれなりにありましたが、
映画の尺を考えると主題となっているテーマだけを扱うのは仕方のないことなのかとも感じました。

いずれにせよ、愛と性について深く考えさせられるという点は原作から上手く引きついでおり、
映画としての完成度も高いのでオススメできる作品であると言えるでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ノルウェイの森 [ 松山ケンイチ ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2022/4/13時点)


コメント

タイトルとURLをコピーしました