【書評】孫子の兵法がイチからわかる本 感想


皆さんは「孫子の兵法」をご存じでしょうか?
孫子の兵法は中国の春秋戦国時代に実在した孫武という将軍が記したとされている、
戦い方、勝ち方を書いた書物です。「戦わずに勝つ」ことを最上としており、
現代でもビジネスパーソンの多くに読まれている時代を超えた普遍的な真理がかかれているものとして絶賛されています。

日本でも、ソフトバンクの孫正義会長などの経営者に多く読まれている成功のためのバイブルです。

本書ではそんな孫子の兵法をわかりやすく解説しています。
先ず、「機先を制す」といって敵の先手をつくことの重要性について解説されています。
孫子の兵法では情報戦を重要視しており、敵よりいかにして先に情報を入手して、
それを活かすかということについて書かれています。

また、様々な状況に臨機応変に対応することの重要性についても解説されています。
九つの状況別にこういう場合にはこうした方が良いという、考え方が詳しく書かれているため、
臨機応変な対応が求められる経営者などのリーダーには必読の書といえるでしょう。

スパイの用い方など面白い項もあるため、読み物としても楽しめると思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました