ブロックチェーンゲーム「ミル4(mir4)」が稼げな過ぎて泣いた話


昨今、プレイ・トゥ・アーン(遊んで稼ぐ)という概念が広まりつつあるようです。

それというのも、仮想通貨とブロックチェーン技術をベースにした「ブロックチェーンゲーム」がちらほらリリースされつつあるからです。

僕も、ウマい話がないかとマイクリプトヒーローズなどのブロックチェーンゲームで遊びつつ、

情報収集していたのですが、無課金でも楽しめる韓国発のミル4がアツいという動画を見て、

早速始めました。

ミル4の稼ぎ方は黒鉄というアイテムを集めて仮想通貨に換えるというものなのですが、

それが出来るのがレベル40から、ということで9日間かけて無茶苦茶レベルを上げました。

40時間以上はかかったと思います。

やっと苦労が報われる! そう思った矢先、なんと黒鉄が50万個ないと仮想通貨に交換できないという表示が。

事前情報では10万個で良いとのことでしたが、仕様が変わったのでしょうか。

任務を消化し、一日1万5000個程の黒鉄を毎日集めてきたのですが、

ミル4の仮想通貨であるDORACOは1DORACOで80円ほどなので、

100000黒鉄で1DORACOだとして一日二時間プレイ(大体2時間くらいで15000黒鉄が獲得できる)したとすると時給8円くらいになります。

どう考えても割にあいませんが、今までの労力が勿体ないという所謂サンクコスト効果により、

やめるのは勿体ないという気持ちから、一度は仮想通貨に交換するまではプレイしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました