【感想】野崎まど know 書評


僕は先日の「アムリタ」の書評で書いたように、
ファンタジスタドール・イヴから、野崎まどさんの作品に入りました。

ファンタジスタドール・イヴで、そのSF設定の上手さと小説の書き手としての実力を存分に知ったので、同じくSF小説であるとの前情報があった「know」にもかなり期待して購入しました。

さてあらすじですが、舞台は近未来の京都。
人間の脳に電子葉という、インターネットに接続出来る機能を持つ非常に小さなデバイスが
埋め込まれるのが標準化された世界です。
そのデバイスにより、「知ること」の意味が変わった世界。
インターネット上の情報は、全て自明の理として扱われます。

情報省のエリート官僚である御野連レルが主人公であり、彼の脳にも電子葉が入っています。

彼の恩師である「先生」こと道終常イチとその養子である少女道終知ルの僅か数日間の出来事を綴る物語です。作中にはアクションシーンもあり、作りこまれたSF設定を上手に活かしていると思いました。

また、「啓示視界」などの電子葉の機能の発想も面白くややラノベらしい、展開に無理があるところもありますが、重厚な描写や、少々性的な表現の数々が野崎まど作品らしく、
楽しく読むことができました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】KNOW / 野崎まど
価格:185円(税込、送料別) (2022/3/28時点)


コメント

タイトルとURLをコピーしました