僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 二人の英雄 感想(ネタバレあり)


僕は最近のジャンプ作品にはあまり明るくなく、世代で言うとワンピースやナルト、シャーマンキング世代なのですが、ヒロアカ と鬼滅の刃だけは、最近のジャンプ作品の中でも好んで見ていました。

ヒロアカこと「僕のヒーローアカデミア」は昔ながらの努力、友情、勝利が上手く描かれており、ヒーローというものが犠牲無しでは成り立たないシリアスな展開も相まって、大人でもとても楽しむことができます。

オールマイトわ主人公のデクが、使うと体に負荷がかかる個性を使い、傷つきながら戦う点も魅力的です。
本作はそんなヒロアカの一作目の映画なので視聴前から期待していました。

さて、映画の冒頭ですが、
オールマイトの若き日の姿が描かれています。
アニメ本編のオールマイトとは異なり、元気に溢れています。

どうやらこれはオールマイトの回想だったらしく、舞台は現在に移り、飛行機に乗ってとある島に向かうデクとオールマイト。

そこからアニメ本編のあらすじが流れます。
個性「ワンフォアオール」の説明やデクとオールマイトの関係の説明もあり、アニメ本編を見ていない人でも話についていける親切な作りで良いと思いました。

その後、今回の舞台となる島についての説明がデクの台詞でされます。

序盤の回想に出てきたオールマイトの親友であるデビットとその娘のメリッサが登場。

再会を喜ぶデビットとオールマイト。
しかし、オールマイトの弱り具合をデビットも知っていたらしく、不安気な雰囲気に。

一方、メリッサに案内されて島を巡るデク
どうやらこの島にはオールマイト以外のヒーローも招待されているらしいです。

お茶子や八百万さん、飯田くんなど雄英の生徒も勢揃いしている様子。
この辺りはややご都合主義的ですが、主要キャラが全員いた方が盛り上がるでしょう。

場面は変わってデビットに検査を受けるオールマイト。
ワンフォアオールを譲渡したため、彼のヒーローとしての限界は近づいているようです。

回想シーンを挟みつつ、先程からチラチラ登場していたヴィランが行動に移るようです。

その後、メリッサがデクと同じ無個性であることがわかります。しかし父親と同じ科学者を目指していおり、それほど落ち込んでいないようです。
メリッサにワンフォアオールを完全には使いこなせていないことを見抜かれ、強化アイテムを貰うデク。
映画の中で活躍しそうな予感です。

そこからパーティーへ。
パーティーの最中に島に爆弾が仕掛けられたことが判明、パーティー会場がヴィランに襲われます。
ヴィランの声優がfatezeroの切嗣などでお馴染みの小山力也さんで個人的に高評価でした。

パーティー会場が占拠され、雄英の生徒以外の殆どが捕まります。
そこから雄英の生徒で皆んなを助けることに。

個性を上手く活かしつつ、セキュリティシステムのあるタワーの最上階を目指す雄英生徒。
途中、ヴィランと戦闘になり作中でも戦闘向けの個性の3人(爆豪、轟、切島)が食い止めます。

その後峯田君の活躍で通路を開きます。
それぞれのキャラクターに上手く見せ場を作っている点が評価出来ると思いました。

サーバールーム付近で警備マシンと戦う雄英生徒達。
デクがメリッサに貰ったガントレットも有効活用出来ているようです。

お茶子が犠牲になり最上階に向かうも、良いタイミングで爆豪君達が助けにきます。

何とかタワー内部に入るデクとメリッサ。

しかし、そこで二人が見たものは!?
まさかの黒幕の正体とは!?
続きは見てのお楽しみです。

良く練られたストーリーや終盤の盛り上がりは必見です!


コメント

タイトルとURLをコピーしました