【出会い】地方民のためのマッチングアプリレビュー【2022】


コロナ禍でインドアな生活を余儀なくされる日々が長引き、中々出会いがないと嘆いている方も多いのではないでしょうか。 

かく言う私(36歳男性)もその一人で、出会いがないと苦心した結果、幾つかのマッチングアプリに登録してみました。中には有料会員になってやりこんだものもあるため、参考に御覧頂けると幸いです。

With

こちらはメンタリストDaigoさんが監修したマッチングアプリで私はかなり前に登録したものの、

私が住んでいる自治体の会員がみつけにくいという問題があったため、有料会員にはならず放置していました。 しかし、今回、私の住んでいる北海道全体にレンジを広げてみようと思い、

北海道全体でなら絞り込み検索が可能なWithに課金してみました。

ちなみに、どのマッチングアプリも”いいね”を送ること自体は無料のものが多いため、基本的な戦略としては無料のいいねを使い切った時点のマッチング数で課金するかどうかを決めるというのが良いと思われます。

私は大体100いいねを所持していたたため、それを全部使い切った時点でのマッチング数は3人でした。

思ったよりマッチングしなかったですが、話の種にと課金してみました。

一人はライン交換が出来たものの、少々クセが強い女性が多かったため、退会しました。

マッチング率会員の質ともにそこそこオススメだと言えるでしょう。


with

ペアーズ

会員数が一番多いマッチングアプリとして有名ですが、それが仇となり、競争率が高いため、中々マッチングしないのが現状。

また、withや後述するomiaiに比べるとルックスのレベルが劣る女性も多いなという印象を受けました。

4日ほど無課金でやってみて、マッチング数は一人。なので課金はしませんでした。

地方ではペアーズがオススメという記事をよく見かけますが、前述した理由から、私はオススメできません。


ペアーズ

omiai

こちらは会員数が大体withと同じくらいの中堅マッチングアプリですが、最大の魅力はマッチング率の高さと、無料で使う方法があるという点です。2日目時点でマッチング数は4人、

awaという音楽のストリーミングサービスの無料登録をすることで、5日間メールのやりとりが自由というキャンペーンをやっていたため、無課金で続けています。

プロフィールについて

プロフィールをガチガチに作り込めと多くのサイトには書いてありましたが、私が感じたのはいかに競合の少ないフィールドで戦うかが重要ということで、普通のプロフィールでも(あまりに手抜きなのはダメですが)十分にマッチングすると感じました。

それよりもやはり大事なのは写真!自撮り写真より他の人に撮ってもらったものが良いらしいので、

私はこの写真を使っています。

番外編 カップリンク

街コンのポータルサイトである「街コンジャパン」の会社が運営しているマッチングアプリである「カップリンク」というものがあるのですが、女性会員のルックスはあまり良くないものの、競合が弱いのか結構マッチングすることができました。料金体系はペアーズやwithと同じくらいなので、好みに応じて使うと良いと思います。

また、私のように年齢が高め(30代後半)の男性は年齢的に若い女性とマッチングしずらいため、30代以降の女性ユーザーが多い「マリッシュ」などを狙うのも良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました